Q&A
  • ホーム
  • 当院の脱毛システム
  • 脱毛の基礎知識
  • 脱毛の流れ
  • 脱毛料金
  • トラブル保証
  • Q&A
  • アクセス
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
ホーム > Q&A

Q&A

レーザーはしみの原因になると言われたことがありますが、本当ですか?
レーザー照射の原因で直接しみができることはありません。ただし、レーザー照射後は、肌のダメージを受けやすい状態なので、紫外線を浴びるといつもよりしみが出来やすくなります。レーザー脱毛を行った後は紫外線対策をしっかり行ってください。
通院は何回必要ですか?
一人一人の毛質・肌質によって必要な脱毛回数には違いがありますが、5〜8回の医療レーザー脱毛で満足のゆく効果を得られる方が標準的です。そのため、当院では5回セットというセットプランをご用意しています。
医療レーザー脱毛なら永久脱毛ですね?
はい、医療レーザーなら永久脱毛が可能ですが、毛には「完全になくなる部位」と「完全にはなくなり難い部位」があります。ただ、完全になくならない部分でも「毛が細くなり」「まばらになる」ために、自己処理すらしなくて済むケースが大半です。
皮膚が弱いのですが、医療レーザーを受けて大丈夫ですか?
皮膚が弱い人には特に、かみそり、毛抜きなどの自己処理よりもレーザー脱毛が適しています。医療機関ですので、お薬を併用して治療することもできますので、ご安心ください。
針脱毛と医療レーザー脱毛の違いは?
針脱毛は痛みが強く長時間・長期間かかりますし、なにより施術者の技術の差がかなりありますのでお勧めできません。エステでの針脱毛は無資格のエステシャンが行うため、やけどになることもあり、危険です。
施術後、汗が増えると聞きましたが、本当ですか?
ワキにつーっと汗が流れるのを感じる方がいるようです。これは、今まで体毛に引っかかって蒸発していた分の汗が、直接お肌に流れることによるものだろうと考えられています。
入浴・シャワーは?
施術当日でも入浴やシャワーは可能です。
レーザー脱毛でうぶ毛も脱毛できますか?
太い毛に比べるとうぶ毛は脱毛効果が落ちるため、うぶ毛の場合は、脱毛回数が多く必要になります。
冷却ジェルやローションなどの付属品を買わされますか?
エステなどでは付属品の購入をすすめられますが、久本皮ふ科医院では、脱毛費用以外にかかるお費用は一切ありません。脱毛後、必要に応じてお渡しするローションも無料ですのでご安心下さい。
レーザー脱毛は副作用がありますか?
レーザーの光は皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。ですから、血管や内臓などに影響を与える事はありません。
男性も医療レーザー脱毛が受けられますか?
忙しい現代男性にとって、毎日のひげ処理にかかる労力・時間は大きな負担です。医療レーザー脱毛は永久脱毛ですから、いったんひげ脱毛が終了したら、その後はひげ処理のわずらわしさに悩まされることがなくなります。
5回程度のひげ脱毛で、ひげ剃りが楽になり、かみそり負けからも永久に開放されます。
ひげをなくしてツルツルにすることもできますが、15回程度の脱毛が必要になります。
当院の患者さんの2割が男性です。どうぞ安心してお越しください。
わきの脱毛で「わきが」は治りますか?
わきがの臭いの原因は、主にわきのアポクリン線と皮膚の細菌によるものです。
わき毛の毛根とアポクリン腺は隣接していますので、わき毛のレーザー脱毛を行うことによって、アポクリン腺も熱ダメージを受けます。このため、わきの脱毛で「わきが」が治るということはありませんが、改善はします。
ホクロが多いのですが、医療レーザー脱毛でできますか?
ホクロの黒い色にレーザーが反応して、ホクロの色が薄くなることがありますが、医療レーザー脱毛する上で問題はありません。
色調が変わっては困る場合はホクロを避けて医療レーザー脱毛します。
アトピーがあってもできますか?
アトピーの現在の状態にもよりますが、レーザーが原因でじんましんやアトピーが悪化したという症例はありません。
すごく毛深いのですが、医療レーザー脱毛で毛が薄くなりますか?
毛深さの程度に関わらず可能です。
太い毛のほうがメラニンを多く含み、レーザーに反応しやすい為、医療レーザー脱毛の効果を早く実感できます。
レーザー脱毛が皮膚ガンとかの発症原因になる心配はありませんか?
皮膚癌の原因となる光の波長は紫外線ですが医療用レーザー脱毛の波長は赤外線です。
これらはまったく性質の異なる波長ですからレーザー脱毛を行って皮膚癌になるという可能性はありません。
当日は、どういう服で行くのが良いですか?
・施術中にその部位が出せること。
・施術後(帰る時)に、その部位が隠せること。
が最低条件です。
レーザー脱毛が受けられる年齢は何歳からですか?
基本的に、年齢は何歳からでも脱毛できます。ただし、思春期より前に医療レーザー脱毛を受けて、脱毛されても、二次性徴で再び毛が濃くなる可能性がありますので、15歳以下の方の脱毛はおすすめできません。
脱毛の器械は何を使用しているのですか?
FDA(米国安全基準:日本でいう厚生労働省)で認可されたジェントルマックスという最新機器を導入しています。このレーザーは2つの波長を照射することができますので、あらゆるタイプの毛に対応することができます。
エステの脱毛と医療レーザー脱毛の違いは何ですか?
エステとは違い医療レーザーは十分な出力で照射できますので、エステサロンより治療回数が少なく、効果も早目に実感できます。また、万が一やけどになったとしても医師による診察もできますし、薬による治療もでき、早目の対応をすることができます。
毛周期ってなんですか?
毛は成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返しています。このサイクルを毛周期と呼びます。成長期にしかレーザーは反応しませんので、毛周期は生えている部位によって違いがありますが、体毛はおおよそ2ヶ月のサイクルと考えられます。
痛いですか?
痛みのイメージとしては、パシッと輪ゴムではじかれる程度とお考えください。また、だんだん毛の量が減ってくると反応する毛が無くなってきますので、痛くなくなってきます。また脱毛の際には専用の冷却ガスを吹きつけながら行います。
自己処理して肌荒れがあるのですが、できますか?
医療レーザー脱毛は乾燥肌の方・敏感肌の方にも行うことができます。医療レーザー脱毛をすると自己処理をしなくなるため、肌へのダメージが少なくなるのできれいになります。時間はかかりますが毛穴のぶつぶつも無くなり滑らかなお肌になります。
自己処理でうまっている毛があるのですが。
脱毛が進むと自己処理をしなくなるので自然に治ることが多いようです。また、脱毛が終了しても残っているようでしたら、皮膚の表面を少し切開して治療することもできます。
医療レーザー脱毛の通院ペースや所要時間はどのくらいですか?
1ヵ月から2ヶ月に1回の治療となります。所要時間は、わきで約2分程度になります。
また、トラブル防止のため最低20分間冷却します。
医療レーザー脱毛後は永久にツルツルですか?
ホルモン異常の病気になったりしない限りは、再び太い毛が生えてくるという可能性は非常に低いと考えられます。また非常に細かい産毛が少し残るので完全な無毛の状態ではありませんが、気にならない程度になります。
医療レーザー脱毛期間中の自己処理はどうすれば良いですか?
回数を重ねるたびに毛量が減っていき、毛が細くなってきます。毛を抜いてしまうとレーザーが反応しなくなってしまうので、毛抜きはせずに気になるときは毛を剃って処理していただきます
どのくらいで効果を実感できますか?
3回程度照射すると毛量が減ります。ワキなら5回で満足される方が多いです。
医療レーザー脱毛の当日には毛は伸ばしていくの?
お肌の負担を軽くし、治療をスムーズに行えるように治療の前日もしくは当日に必ず剃ってご来院下さい。
医療レーザー脱毛の治療中、何か気をつけることはありますか?
日焼けをしないようにして下さい。日焼けをすると皮膚のメラニン色素が増えるためにレーザー光が皮膚にも吸収され、やけどの原因になり危険です。日焼けをした場合は医療レーザー脱毛の治療をお断りすることがあります。
当日の流れを教えてください。
まずはカウンセリングがございます。治療方法や注意事項など詳しく説明させて頂きます。ご不明な点はどんなことでもご相談ください 肌に合わせた出力でレーザーを照射していきます。レーザーの強さは弱すぎても脱毛効果が発揮されず強すぎると肌を傷めてしまうため、大変重要です。また、施術部位によって出力を変えていきますし、最後に十分な冷却をいたします。
生理中にできますか?
特に問題ありませんが、痛みに敏感なときですので、照射中の痛みが強いときはお声をかけて下さい。
妊娠中でもできますか?
妊娠中にうけて胎児に悪影響を及ぼした報告はありませんが、あえて施術しないことをお勧めします。
PAGE TOP